歌にのせて


毎日、テレビやラジオからは気が重くなるような暗いニュースばかりが入ってきて、いつしかそれに影響されてか、気持がどんよりと暗くなり、同時に呼吸も浅くなって息苦しさを感じてしまっている自分がいました。
ふとそのことに気づいた時、「これではいけない!気持をもっと明るく前向きに持って行かなくては・・・と思い、自分自身をも奮い立たせる意味でこの歌を書きました。
きっと共感してくださる人も多いのではないでしょうか。
乗り越えた後に、やがて来る開放感!それをおもいっきり味わい楽しむ為に、今は共に耐えて頑張って行きましょう。
この歌の音源政策が僕の5月連休中のSTAY AT HOMEでした(笑)

 

 
歌にのせて


詞/曲: 幸松成実


歌にのせて

大きく息を吸い込んで 歌ってみよう こういう時だからこそ
  希望はきっと 光はきっと 歌の中にも見つけられるから

1 僕の心の中にはいつも 時代の風と共に歌が流れていた
  その頃のメロディーを口ずさむたびに 心の日記帳のページも捲られる
  辛く悲しい時にはそっと 恋人のように寄り添ってもくれたし
  埃が溜って曇ってきた時には 涙を誘って洗い流してくれた
  吸い込んだ息の分だけ 元気になれる
  流した涙の分だけ 優しくなれる
  大きく息を吸い込んで 歌ってみよう こういう時だからこそ
  希望はきっと 光はきっと 歌の中にも見つけられるから

2 僕の思い出の中にはいつも 仲間の笑顔と共に歌が流れていた
  それぞれの人生が交わる場所で ドラマに色を添えるbgmのように
  友が送ったあの歌が 処方箋となって僕に届いた日
  何度も何度も聴き返すうちに 涙が零れて笑えるようになった
  吸い込んだ息の分だけ 元気になれる
  流した涙の分だけ 優しくなれる
  大きく息を吸い込んで 歌ってみよう 今はひとりでも
  仲間はきっと 絆はきっと 歌の中にも見つけられるから

  希望はきっと 光はきっと 歌の中にも見つけられるから


トップに戻る